カントリーガーデン

ニュース

2021.7.23

リノベーションでの税金対策についてリノベーションカンパニーがご紹介します!

リノベーションをご検討されている方は、税金対策は万全でしょうか。
あまり税金について対策をしていないという方もいらっしゃると思います。
しかし、税金対策をしないことで損をしてしまう可能性があります。
そのため、本記事ではリノベーションでの税金対策についてご紹介します。

□税金対策について

本記事では、5つの税金対策についてご紹介します。
リノベーションをご検討されている方は、ぜひ利用してみてください。

1つ目は、住宅ローン減税です。
これは、住宅ローン残高の1パーセントが毎年所得税から控除されます。
条件としては、借入期間が10年以上であること、改修後の床面積が50平方メートル以上であることなどが挙げられます。

2つ目は、バリアフリーリフォーム改修です。
高齢者の方のためにバリアフリーを導入する工事を行った際に適用できる制度であり、所得税が最大で25万円控除されます。
対象となる工事としては、手すりの設置やトイレの改良などが挙げられます。

3つ目は、省エネに関する改修です。
省エネに関するリフォームを行った際も、減税制度を利用でき、所得税が最大で25万円控除されます。
対象となる工事としては、二重サッシの窓を取り入れることや断熱材の設置などが挙げられます。

4つ目は、耐震に関する改修です。
耐震に関するリフォームを行った際には、所得税が最大で25万円控除される上に固定資産税が1年間2分の1に減額されます。
しかし、これは戸建て住宅が対象となる制度であるため、注意してください。

5つ目は、贈与税の非課税措置です。
ご家族からリフォームをするための資金を援助してもらったという方は、通常贈与税が発生しますが、この制度を利用することで最大で3,000万円までが非課税にできます。

□リノベーションをする際の注意点について

リノベーションには高い節税効果がありますが、それは本質ではありません。
リノベーションの本来の目的は住宅の再生であり、その後長く安心してその住宅に住むために行うことです。
そのため、表面上だけを綺麗にして終わらせるのではなく、耐震性や断熱性などについても着手し、本質的な工事をすることが大切です。
みなさんも、ご自身の住宅を長く住み続けられるものにするためには、どのような工事が必要であるかしっかりと判断してください。

□まとめ

本記事では、リノベーションでの税金対策についてご紹介しました。
リノベーションをご検討されている方は、ぜひ参考にしてください。
また、当社はリノベーションのご依頼を承っておりますので、お気軽にご相談ください。