カントリーガーデン

ニュース

2021.4.23

リノベーションでお風呂を広くする方法をご紹介します!

「お風呂を増築したいけれど、費用面に不安がある」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
実は増築以外にもお風呂を広くする方法はあります。
今回は、広いお風呂を手に入れる方法と、お風呂をリノベーションする際の注意点をご紹介します。

□広いお風呂を手に入れる方法とは

浴室全体のリノベーションから浴槽の交換による拡張方法まで、お風呂を広げる際にはさまざまな選択肢が存在します。
ここでは、3つの方法をご紹介します。

1つ目は、間取りを工夫する方法です。
たとえば洗面所に余裕があれば、そのスペースを浴室に割けます。
また、間仕切り壁を移動したり、薄くしたりすることによっても浴室を広くできるでしょう。

2つ目は、配管スペースを工夫する方法です。
古いお風呂では、配管スペースが場所をとっていることがあります。
新しい設備にする前に配管を工夫してもらったり、配管スペースが小さいユニットバスに交換したりすることで浴室を広げられます。

3つ目は、お風呂を増築する方法です。
費用がそれなりにかかりますが、格段に広いお風呂が手に入ります。

また、現在ユニットバスを使用している場合は、それを新しいものに交換することでお風呂が広くなることがあります。
少し前のユニットバスではバリエーションが乏しく、浴室の広さの割に小さいサイズの浴槽が設置されるということがよくあったからです。

最新のユニットバスでは広さを重視した製品も多く、買い換えるだけでも、お風呂の印象が大きく変わるでしょう。

□お風呂のリノベーションでの注意点とは

*増築の場合

増築を行いたい場合は、道路や壁といった外の状況を確認し、増築が可能であることを確かめる必要があります。
屋外での工事を行う場合は、周囲に騒音などの迷惑をかける可能性があるため、近隣住民の方にあらかじめ了承をとっておくと安心です。

*窓を取り付ける場合

窓を取り付ける場合は、浴室の中が室外から見えないように配慮する必要があります。
外から見える不安がある方は、窓の位置や大きさなどを意識したり、目隠しを設置したりするようにしましょう。

□まとめ

今回は、広いお風呂を手に入れる方法をご紹介しました。
お風呂を拡張する方法としては、単に増築するだけでなく、間取りや配管スペースを工夫するといったさまざまなものがあります。
当社では、自分らしい家を目指してリノベーションを行っております。
リノベーションをご検討中の方は当社までご連絡ください。