カントリーガーデン

ニュース

2021.5.1

間取り変更リノベーションを行う際のポイントをご紹介します!

「間取り変更リノベーションを行う際のポイントを知りたいな」
「間取り変更リノベーションの実例を知りたいな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、間取り変更リノベーションを行う際のポイントを、間取り変更リノベーションの実例とあわせてご紹介します。

□間取り変更リノベーションを行う際のポイントとは?

ここでは、間取り変更リノベーションを行う際のポイントを3つご紹介します。

1つ目は、機能性です。
機能的な暮らしを実現するためには以下のことに気をつけると良いでしょう。

・水回りの動線を良くする
・洗面所を広くする
・空間に余裕を持たせるためにリビングダイニングに変更する

2つ目は、家族の変化に合わせて間取りを変更することです。
家族の変化に合わせた間取りの変更には、以下のようなものがあります。

・子ども部屋を設ける
・使わなくなった子ども部屋を違う部屋に変更する

3つ目は、住みやすくするために間取りを変更することです。
住みやすくするためには、以下のようなことを考えると良いでしょう。

・将来両親と生活することを見越してバリアフリー仕様にする
・暖房が効きにくいから断熱性を向上させる
・毎月のコストを考慮してオール電化にする

□間取りの変更をする際の実例をご紹介!

ここからは、間取りの変更をする際の実例と費用の目安をご紹介します。

1つ目は、壁を撤去する実例です。
リビングと和室の間の壁や扉を撤去して、和室をフローリングにした場合、費用の目安は約600,000円です。

また、隣接する洋室の壁を撤去して部屋を広くするリノベーションをする場合、費用の目安は約250,000円になります。

さらに、2つの部屋の壁を撤去して、壁だった部分に引き戸を新たに設置した場合は400,000円から450,000円程度が費用の目安でしょう。

2つ目は、間仕切り壁などを取りつける事例です。
子ども部屋に間仕切り壁を設けて、ドアも一緒に取りつけ、部屋を分けた場合の費用は150,000円程度でしょう。

また、壁ではなく引き戸を設けて部屋を間仕切りした場合も150,000円程度が目安です。

さらに、キッチンがリビングから見えないように、ロールスクリーンを設置する場合は、50,000 円程度の費用でリフォームが可能です。

□まとめ

今回の記事では、間取り変更リノベーションを行う際のポイントと実例をご紹介しました。
間取りを変更する場合は、機能性、家族の過ごしやすさ、住みやすさの3つを特に意識して計画を進めてくださいね。
リノベーションをお考えの際は、ぜひ当社にお任せください。