カントリーガーデン

ニュース

2021.7.13

リノベーションをご検討中の方に向けて失敗例と注意点について解説します!

「リノベーションを行いたいが、初めて行うため失敗しないか不安である」
リノベーションをお考えで、このように思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、リノベーションの失敗例と注意点についてご紹介します。
ぜひ、リノベーションを行う際の参考にしてみてください。

□リノベーションの失敗例とは?

リノベーションの失敗例はいくつかありますが、ここでは物件を購入しリノベーションをしてから売却しようとしたができなかった例についてご紹介します。

物件は土地と違って、時間が経つと資産価値が下がります。
そのため、リノベーションをしてから売却しようとしても、物件の評価が大幅に落ちている可能性があります。

そうならないためには、資産価値が下がりにくい物件を購入しましょう。
そうすることで、リノベーション後も物件の評価が下がりにくくなりますね。

□リノベーションを行う際の注意点についてご紹介します!

ここまで、リノベーションの失敗例について解説しました。
では失敗しないために、気を付けることについて2つご紹介します。
これらの注意点を参考に、リノベーションを行ってみてはいかがでしょうか。

まず1つ目は、電源や水回りです。
リノベーションを行う多くの方は、キッチンの改装をします。
その際に気を付けることは、電源容量の上限です。

電源の容量が限られていると、生活家電を使う際に限度が生じますよね。
さらに、集合住宅の場合は電源容量の規制があるため、あらかじめ管理組合に確認しましょう。

また、お風呂のサイズ感や給排水口の位置も確認することをおすすめします。
水回りをリノベーションする際は、制約がある可能性が高いため、ユニットバスの導入には特に注意が必要ですね。

2つ目は、仮住まいの確保です。
中古物件をリノベーションしてから住む場合は、仮住まいが必要であることを理解しておきましょう。

また、住みながらリノベーションを行う際は、仮住まいがなくても問題ありません。
しかし、施工中は騒音などが生じるため、生活に影響を与える場合があります。
そのため、住みながらリノベーションを行いたいとお考えの方でも、仮住まいの確保をしておくことをおすすめします。

□まとめ

この記事では、リノベーションの失敗例と注意点についてご紹介しました。
物件を選ぶ際は、資産価値の高いものを選びましょう。
リノベーションをする際は、電源や水回り、仮住まいの確保に気を付けると良いです。
リノベーションをお考えの方は、お気軽にご相談ください。