カントリーガーデン

ニュース

2021.9.16

螺旋階段にリノベーション!メリットとデメリットを紹介します!

皆さんは螺旋階段の魅力を知っていますか。
ヨーロッパに古い歴史を持つ螺旋階段ですが、日本の住まいにうまく取り入れることによって魅力を最大限発揮できます。
今回はそんな螺旋階段の魅力と螺旋階段に向いている住まいの特徴を解説します。

□螺旋階段のメリットとデメリット

螺旋階段のメリットは以下の2つです。

・美しいデザイン性
・スペースを取らない

1つ目はデザイン性が高いことです。
この記事を読んでいる方の中にも、「なんとなくおしゃれだから取り入れてみようかな」と思っている方も多いのではないでしょうか。
直線的な日本の階段より、曲線をうまく利用した螺旋階段に魅力を感じる方は多いです。

2つ目はスペースを取らないことです。
「螺旋階段は海外で取り入れられていて、住まいが狭くなってしまいがちな日本には向いていないのではないか」
このように思っている方もいるでしょう。

しかし、螺旋階段は日本の住まいにうってつけなのです。
その理由は螺旋階段がスペースを取らないことにあります。
通常の階段は斜め上に伸びていくため、階段下にデッドスペースが生じてしまいます。
一方で螺旋階段は、真っ直ぐ上に伸びていくため、デッドスペースは生まれず、コンパクトに設置できます。

次に螺旋階段のデメリットを紹介します。
それは、階段の上り下りに不安があることです。
形状が円であるという性質上、内側にいくほど階段の面積が小さくなります。
それによって足を踏み外しやすくなってしまうのです。

ご家庭にお年寄りの方やお子様がいる場合には導入を慎重に決定しましょう。
階段の面積を大きくしたり、滑りにくい素材を使用したりするといった対策が考えられます。

□螺旋階段に向いている住まいの特徴

✳︎吹き抜けがある

吹き抜けと螺旋階段は非常にマッチします。
空間の抜け感を演出しつつ、おしゃれな螺旋階段を設置できるからです。
リノベーションをお考えの際は、吹き抜けと螺旋階段をセットで検討すると良いでしょう。

✳︎室内が平坦な印象

「室内がシンプルすぎて印象に残らない」
このような悩みを持っている方はいませんか。
螺旋階段はそのような空間にアクセントを加えられます。
何かワンポイントになるようなものをリノベーションで追加したい方はぜひ螺旋階段を考えてみてください。

□まとめ

螺旋階段は見た目だけではなく、機能性にも優れていることをわかっていただけましたか。
当社はお客様に快適な暮らしを提供するべく、ライフスタイルにマッチしたプランを提案いたします。
リノベーションをお考えの方はぜひ当社にご相談ください。