カントリーガーデン

ニュース

2021.8.31

防音リノベーションを検討している方に向けて種類と注意点を解説します!

防音リノベーションには種類があることをご存知ですか。
いくつかの種類を押さえておくとあなたにマッチしたリノベーションを実現できます。
今回の記事では防音リノベーションの種類と注意しておくべきポイントを紹介します。

□防音リノベーションの種類

✳︎窓の防音リノベーション

窓に防音性能を持たせるには、防音効果のある窓ガラスを設置することと防音効果を高める内窓を設置する2つの方法があります。
内窓を設置するリノベーションでは既存の窓の内側に新たに窓を設置します。
窓と窓の間に空気層ができるため、より強い防音性能が期待できます。

✳︎壁の防音リノベーション

壁の防音リノベーションでは、吸音材と遮音シートを使った2つの方法があります。
壁の中にこれらを設置することで防音効果を高めてくれます。
また、壁に設置されている換気口に防音効果を持たせるリノベーションも存在します。
ダクトに吸音材を使用して、防音効果を高めます。

✳︎床の防音リノベーション

マンションやアパートに住んでいて、お子様の生活音が下の階に響いていないか不安に思っている方はいませんか。
そんな方には床の防音リノベーションをおすすめします。
床の防音リノベーションには、床材や遮音マット、吸音性を持った素材を使用します。

□防音リノベーションで注意するべきこと

防音リノベーションで注意するべきポイントは以下の2つです。

・楽器や音の種類によっては十分な防音効果が得られないことがある
・他のリノベーションも同時に考える

1つ目は十分な防音効果を得られない可能性があることです。
大きな音で音楽を楽しむために、防音室リノベーションを検討している方もいるでしょう。
しかし、防音室は完全に楽器の音を遮断できるとは限りません。
十分な効果が得られないことも考えられますので、目的に応じた適切なリノベーションをするようにしましょう。

2つ目は他のリノベーションも同時に考えることです。
リノベーションにかかるコストは工事費用だけでなく、見積もり費用や出張費もあります。
これをリノベーションの度に払っていたら、費用が大きくなってしまいます。
複数回工事する場合は1度に済ませた方がお得になるのです。

□まとめ

防音リノベーションの種類と注意点を解説しました。
防音リノベーションでは大きな費用がかかります。
せっかくなら失敗のないようにしたいですよね。
今回紹介した注意点を参考にすると失敗の可能性が下げられますので、ぜひ参考にしてください。