カントリーガーデン

ニュース

2021.10.1

リノベーションをご検討中の方へ!マンションの間取りのアイデアを紹介します!

リノベーションで間取りを変更するからには、失敗したくないですよね。
そこで今回は、マンションの間取り決めのポイントと間取りのアイデアを紹介します。
ポイントに沿って決めることで失敗を減らせると思いますのでぜひ参考にしてみてください。

□マンションの間取り決めのポイントを3つご紹介!

1つ目は、リビングと玄関の大きさを人数に合わせて決めましょう。
例えば、大家族であるのに狭い玄関にしてしまうと、収納スペースが十分に取れず玄関がごちゃごちゃとしてしまいます。
玄関は家に入って最初に見せる場所であるため、広くきれいな玄関をつくり、家全体の印象を良いものにできると良いですね。

また、家族がゆったりとリビングでくつろげるように、リビングの大きさにも気を使いましょう。
リビングはソファ、収納、テーブルといった大きめの家具が多く入るため、それらが入っても窮屈と感じない広さをとりましょう。

2つ目は、将来まで考えて間取りを考えましょう。
将来「高齢の家族との同居を行う」場合や「子供が巣立っていく」場合などで家族構成が変わる可能性もあるでしょう。
そのため、家族構成の変化にも適応できるような住まいづくりを行っておくことがおすすめです。

具体的には、動く収納を壁代わりにして設置したり、最初からバリアフリーにしておくなどの方法があります。
レールで動く収納を子供部屋の壁代わりとして設置しておけば、子供が巣立った際に、収納を移動させるだけで部屋の仕切りをなくせます。
また、最初からバリアフリーにしておくことで、赤ちゃんが産まれた際や高齢の方と同居する際の安全性が保障されます。

3つ目は、家事動線を意識しましょう。
家事のストレスを軽減するために、家事を行う際にスムーズに移動できるような動線を確保しておくことが大切です。

□マンションの間取りアイデアを2つご紹介!

1つ目は、ワークスペースのアイデアです。
家族間のコミュニケーションを考え、子供部屋でなくリビングにワークスペースを確保することがおすすめです。
子供部屋を少し狭くして、リビングをより広くつくることで、開放感が得られます。

2つ目は、ロフトのアイデアです。
ロフトを広めにとり、そこを子供部屋として使うこともおすすめです。
秘密基地のようなワクワクとする空間にお子さんも喜んでくれるでしょう。

□まとめ

今回は、マンションの間取り決めのポイントと間取りのアイデアを紹介しました。
当社は、お客様の理想のリノベーションを実現いたします。
リノベーションをご検討中の方はお気軽にご相談ください。