カントリーガーデン

ニュース

2021.5.9

窓の位置を変える方法とは?リノベーションを検討中の方へ!

「家の窓の位置を変えたい」
「リノベーションで心機一転したい」
このようにお考えの方に知っていただきたいのが、リノベーションにおいて窓の位置を変える方法です。
窓の位置を変えることで家の雰囲気が大きく変わります。
窓をリノベーションするメリットもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

□窓の位置を変える方法とは?

窓の位置の変え方は大きく2つに分かれます。

*元の位置から大幅に移動する

1つ目の変え方は、窓を大幅に移動させるというものです。
この場合、既存の窓をなくし、新たな場所に窓を設置します。
費用や手間がそれなりにかかりますが、外壁のリノベーションも検討している場合は同時に行うとお得です。
新たな窓を設置する際には、住宅の強度に影響しない位置に施工する必要があるので、好きな場所に窓をつくれるというわけではありません。

*高さだけを変更する

2つ目の変え方は、窓の縦方向の長さだけを変えるというものです。
木造住宅では壁の内部に筋交いや柱などがなければ、窓を縦方向に移動するのはさほど難しくありません。
ただし、窓の埋めた部分を外壁側から見ても違和感のないように仕上げるには、少々大がかりな工事が必要です。
窓の周囲に異なる素材のアクセントパネルを貼るなどして見栄えよく仕上げれば、コストを抑えられます。

□窓をリノベーションするメリットとは?

ここでは、窓をリノベーションするメリットを3つ紹介します。

1つ目のメリットは、住宅の断熱性を見直せる点です。
ガラスがついているだけの窓では、住宅の断熱性は高いとは言えません。
また、窓のサッシが劣化していると窓に枠に隙間が生じ、断熱性の低下を招きます。
窓をリノベーションする際には、こうした点を見直し、住宅の断熱性を高めることも可能です。

2つ目のメリットは、防音効果を高められる点です。
窓のリノベーションの際には、サッシやガラスの素材にこだわることで防音効果を高められます。
外からの騒音が入りにくく、中の音を漏らしにくい住まいにできます。

3つ目のメリットは、防犯対策にもつながる点です。
一戸建ての侵入窃盗の侵入方法で最も多いのは、ガラス破りです。
窓の位置を工夫したり、網入りガラスや二重サッシを採用したりすることでより効果的な防犯対策ができます。

□まとめ

窓の位置を変える際には、高さだけを変えるか、大幅に位置を変えるかの2つの変え方があります。
窓のリノベーションでは、住宅の断熱性や防音対策、防犯対策を見直すことができます。
秋田でリノベーションをお考えの方は、当社までお気軽にお問い合わせください。