カントリーガーデン

ニュース

2021.9.12

空き家のリノベーションは必要?メリットとデメリットも紹介します!

「親から受け継いだ空き家だけど、そのままにしておいて良いのかわからない」
このような悩みを持っている方も多いでしょう。
そこで、この記事では空き家をそのまま放置しておいて良いのかを解説します。
空き家リノベーションのメリットとデメリットも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

□空き家のリノベーションが必要な理由

空き家を放置していると、さまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があります。
例えば、ゴミが不法投棄されることによって衛生面が悪化したり、犯罪者が知らないうちに住み着いてしまったりします。
さらにはそれらが原因で近所の方からクレームが来る可能性もあります。

また、近所の方に迷惑をかけてしまうだけではなく、金銭的なリスクもあります。
空き家を放置したままにしておくと、2015年から適用されている、「空き家等対策特別措置法」により空き家と指定されてしまうと固定資産税が6倍になってしまいます。

このような理由から、空き家のリノベーションは必須だということがわかっていただけたでしょう。
それでは次に空き家をリノベーションするメリットとデメリットを紹介します。

□空き家をリノベーションするメリットとデメリット

空き家をリノベーションする1番のメリットは資産価値をあげられることでしょう。
空き家はそのままだと資産価値は0のままです。
しかし、リノベーションすると、資産価値が上昇します。
空き家を売却したい場合、リノベーションしてから売却した方が価値がつくでしょう。

また、新築よりもコストを抑えられる点もメリットの1つです。
空き家を解体して、新しく住まいを建設するとなると、解体費用と建築費用がかかってしまいます。
しかし、空き家をリノベーションすると、解体費用を削減できます。

一方で、空き家をリノベーションするデメリットは築年数によっては耐震性を補強する工事が必要になることです。
日本では1981年に住まいの耐震基準が見直されました。

つまり、それ以前に建築された建物をリノベーションする場合、追加で補強工事が必要になる場合が多いのです。
もしこれから空き家を購入してリノベーションしようとお考えの方は、あらかじめ耐震診断を受けておくと良いでしょう。

□まとめ

空き家をそのまま放置しておくとトラブルに巻き込まれてしまうとわかっていただけましたか。
せっかくの空き家ですから、リノベーションして売却したり、再利用したりしてみてはいかがでしょうか。
今回の記事を参考にしていただけると幸いです。