カントリーガーデン

ニュース

2021.11.23

床暖房をリノベーションすることのメリットや注意点についてご紹介します!

「リノベーションして床暖房を取り入れたい」
「床暖房をリノベーションする際の注意点を知りたい」
床暖房を検討中の方は、メリットや注意点について知っておきたいですよね。
そこで今回は、床暖房のメリットに加えて床暖房をリノベーションする際の注意点についてご紹介します。

□床暖房を取り入れることのメリットとは

まずは、床暖房を取り入れることのメリットについて見ていきましょう。

床暖房の最大のメリットは、部屋全体を暖かい空間にできることです。
人間は寒さを足元から感じるといわれています。
そのため、床から暖かくすることで快適な家を実現できます。

また、きれいな空気を保てることもメリットといえます。
暖房器具としてエアコンやストーブを使う方も多いでしょう。
それらと比較して、床暖房は空気を乾燥させることなく部屋を暖められます。
そのため、加湿器を併用する必要もありません。

その他にも、他の暖房器具と比較して長く使えることもメリットです。
メンテナンスの頻度も少なく、床を掃除するだけで清潔な状態を保てます。

□床暖房をリノベーションする際の注意点について

続いて、床暖房をリノベーションする際の注意点について見ていきましょう。
ここでは、2つのポイントについてご紹介します。

*床材の種類

1つ目は床材の種類です。
床暖房を取り入れる際は、床材の種類に注意する必要があります。
床材の中には、熱によって溶けてしまうものがあります。
そういった素材は、床暖房を取り入れる際の床材には向いていません。

そのため、床暖房を取り入れたいという方は耐熱性があり熱伝導率も高い床材を選びましょう。
自分が選んだ床材が床暖房と相性がいい素材なのかを専門家に聞いておくことをおすすめします。

*床暖房を設置する場所

2つ目は床暖房を設置する場所です。
床暖房は床全体に設置する必要があると思っていませんか。
実は床暖房を取り入れる際は、床面積の7割程度をカバーしていれば十分に効果が発揮されます。

特に、家具の下に床暖房を設置することはおすすめしません。
家具の下に床暖房を設置してしまうと、家具が傷んでしまう可能性が高いです。
そのため、床暖房を設置する場所には注意しておきましょう。

□まとめ

今回は床暖房のメリットに加えて床暖房をリノベーションする際の注意点についてご紹介しました。
床暖房を検討中の方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
リノベーションに関してご不明な点があれば、いつでも当社までお問い合わせください。
弊社の専門家が皆様の要望をもとに全力でサポートいたします。